変額年金保険の特徴

基本的に、変額年金保険は手数料が高いという印象は、既にかなり広まっています。その為、そのイメージを払拭するため、各会社企業努力を惜しまずに頑張っているという事ですね。



サイトトップ > 変額年金保険と投資信託の違い

スポンサードリンク

変額年金保険の特徴

変額年金保険と投資信託の違い


変額年金保険は、投資要素があることから、常に投資信託と比較されます。金融商品である変額年金保険は、公的年金のような国が取り仕切っている制度ではないので、民間、あるいは郵便局などが取り扱う他の保険、あるいは投資関連の金融商品の一部という見られ方をされているのが一般的です。年金という体ですが、実質的には年金の要素よりも金融商品という要素のほうが強いのです。その為、最も形式的に近い投資信託とは比較されやすいと言えます。


変額年金保険と投資信託を比較した場合、どちらが良いと確実には言えません。メリットデメリットは双方にあります。変額年金保険は、保険要素があるので、例えば途中で亡くなった場合には死亡保険金が受取れます。投資信託の場合は、時価での評価となるので、運用実績次第で変動します。この場合、変額年金の方が確実に支払ったお金は戻ってくるでしょう。


また、長期の運用においても、税金がかからない変額年金のほうが有利という見方をされる事があります。投資信託の場合、分配金に税金がかかるケースが多いのに対し、変額年金は非課税です。この点も比較的大きな違いと言えます。


ただ、これだけだと変額年金の方がよさげという感じですが、実は変額年金は投資信託よりコストがかなりかかります。運用関係費、保険関係費、講座維持費、手数料など、コストが非常にかさむのです。その為、どうしても運用面でプラスに転じる為のハードルが高くなってしまいます。


変額年金保険の特徴

MENU



スポンサードリンク