変額年金保険の特徴

基本的に、変額年金保険は手数料が高いという印象は、既にかなり広まっています。その為、そのイメージを払拭するため、各会社企業努力を惜しまずに頑張っているという事ですね。

 

1.変額年金保険と投資信託の違い
変額年金保険は、投資要素があることから、常に投資信託と比較されます。金融商品である変額年金保険は、公的年金のような国が取り仕切っている制度では…

2.保険としての変額年金保険
変額年金には、投資要素と共に保険要素も多分にあります。そしてそれこそが、変額年金と投資信託の大きな差になっています。投資部分のリスクを保険部分…

3.変額年金保険の税金
変額年金保険における税金は、基本的には生命保険に準拠します。例えば、保険金を受取る場合、相続人数×500万円に関しては非課税対象となります。相続…

4.変額年金保険の手数料
変額年金保険の大きな特徴として、手数料が挙げられます。この手数料が、変額年金保険の敷居をやや高くしている感は否めません。つまり、手数料がやや高…

5.変額年金保険の問題点
変額年金保険は、投資色の強い保険です。年金という言葉は使われているものの、投資としての面がかなり色濃いというのが、この商品の特徴でした。

 

 


更新履歴